田辺市定住支援ガイドHOME > 定住者の声

HOME定住支援田辺市の概要地域紹介空き家情報定住者の声

定住者の声

田舎暮らしを手に入れた方々のお話

定住者の声定住者の方々の声を
動画配信しています!

WindowsMediaファイル
約30MB
- ストリーミングビデオをご覧になるには
プレイヤーをダウンロードして下さい。

田辺市では、すでに都会から移住して田舎暮らしを手に入れた方々が生活しています。
実体験から得た様々な思いをお話して頂きました。

周囲の人々と楽しい生活

洲崎さん
(田辺市本宮町三越/洲崎 守さん)

緑の雇用事業で愛知県から本宮町に定住された洲崎さんは、現在地元の森林組合で働いています。仕事は、間伐、下草刈、植栽など体力的に非常にきついものばかりで、都市にある便利さが皆無の環境に最初は非常に苦労したそうです。
「経済的には将来家庭を持って暮らしていけるか不安ですが、周囲の方々の親切なサポートに支えられ、楽しく生活しています。」と、田舎暮らしの良さを感じながら充実した毎日を送られています。

自然豊かな地で和牛と暮らす

洲崎さん
(田辺市下川下/柯 志雄さん)

柯さんは神戸市の出身で、ここに来るまではサラリーマンをされていました。
平成6年から繁殖和牛の飼育を始められ、熊野牛の産地化のために指導員となり、飼育を始められた方の相談者として各地域に出向かれて活躍しています。
「生き物を飼っているので、全く休みがないので、自然豊かな地域で年間1日でも休息できる日が欲しいと思っています。」との感想です。

まず会話から!

柏崎さん
(田辺市中辺路町高原/柏崎 幸雄さん)

柏崎さんは平成4年に高原から望む雄大な景色に魅せられ、神奈川県から移住を決めました。
自給自足の生活にあこがれ、休耕田を一から耕し農作物を作ったり、日当たりの良い環境を生かして太陽光発電で電力をおこしたり、この地域の特色をご自身の生活に活かされています。
「地域活動や祭典などに参加して会話をすることによって徐々に地域に馴染んでいくものですよ。」と、ご自身の経験を生かして新たに定住をしようと考えている方の力になればと意気込まれています。

暮らすだけでとても大きな安心感と連帯感を感じる

吉田さん
(田辺市龍神村龍神/吉田 悠さん)

道の駅「龍神」ウッディプラザ木族館近くで「香房ゆず夢cafe」を営む吉田さんは平成13年に東京八王子から移住されました。
「さまざまな驚きと出会いから衝動的に家族と移住した「龍神村」って不思議だと思う。そこに暮らすだけでとても大きな安心感と連帯感を感じる。どこに暮らしても生きていくのは一大事業。」と、常に新しい根をしっかり張ってゆきたいと考えられているそうです。

 


HOME定住支援田辺市の概要地域紹介空き家情報定住者の声リンク集

田辺市定住支援協議会
TEL:0739-48-0303 FAX:0739-49-0359
〒646-1192 和歌山県田辺市鮎川2567-1(田辺市大塔行政局)田辺市産業部 森林局 山村林業課